沿  革
吉野工業所の歩み
1935
昭和10
コルク製造販売の事業を創立
1942
昭和17
コルク製造に併せてベークライトの加工・販売を開始
1945
昭和20
ベークライト・ユリア樹脂による化粧品・薬品・食品の容器・キャップの加工販売を開始
1952
昭和27
米国から射出成形機を購入し日本のプラスチック容器業界における射出成形の先駆を切る
1955
昭和30
国内ブロー成形の草創期にいちはやく成形技術を研究し、第6回輸出包装展に出品、通産大臣賞受賞
1961
昭和36
米国最大のブローメーカー、プラックスコーポレーション社(現モンサント社)と技術援助契約並びに実施権契約を締結し専用実施権者となる
1967
昭和42
米国サッチャーグラス社(現コートールズパッケージング社)が有するプラスチックチューブの再実施権契約を締結
1970
昭和45
表面装飾技術としての真空蒸着技術を開発、生産を開始
1971
昭和46
金型加工専用工場として那須小川工場(栃木県)を新設、操業開始
1973
昭和48
米国サンビーム・プラスチック社と安全キャップに関する専用実施権契約を締結
1974
昭和49
成形技術及び成形機械等の研究開発のため神奈川技術研究所を新設
1975
昭和50
ノンガスタイプのYスプレーを開発、販売を開始
1977
昭和51
日本で初めてのPET樹脂による醤油用ボトルの生産を開始
1978
昭和53
サーモフォーミング及び薄肉の射出成形による食品容器の生産を開始
1981
昭和56
ビール用及び熱充填用PETボトルの生産を開始

シャンプー・ハンドソープ用のポンプとして、P-300シリーズのポンプを開発、生産を開始

1982
昭和57
米国モンサント社と2軸延伸容器に関する技術交換契約を締結
1989
平成元
リターナブルPAN容器の生産を開始、ビール用ボトルとして日本で初めて採用される

プラスチック製缶詰容器を開発

1994
平成6
工業所有権制度関係功労により特許庁長官賞を受賞

SPE(全米プラスチック技術者協会)よりブロー部門賞を受賞

1995

平成7
ヨシノ・ムーンパタナタイランド社タイ工場操業開始

1996

平成8

金属部品を使用しないオール樹脂トリガーを開発

1998

平成10

小容量PET(500ml以下)の製造、販売開始

残量が少なく正倒立でも吐出出来る毛染め用くし付きデラミ容器を開発

2000
平成12
米国、第13回デュポン包装賞授賞式にて耐熱PET容器がダイヤモンドアワード賞を授与
2002
平成14
ノズルの先端にシール機構を設け、内容物が固化しないノズルシャットオフポンプの生産開始
2005
平成17
内容物の鮮度、風味を従来のPET容器よりも長く保持出来るガスバリア性の高いシリカ蒸着PET容器を開発
2008
平成20
詰め替えやすい薄肉ブロー容器を開発
2009
平成21

積層炭酸ハイブリット容器軽量化とCOバリアー性UPを実現

押出しブロー成形による植物由来原料のポリ乳酸とポリエチレン積層容器を開発

食用油向けに植物由来原料のポリ乳酸(PLA)シリカ蒸着ボトルを開発

2010
平成22
ロールラベル用として底部に減圧吸収部を設けた耐熱丸型容器(VFX)
2011
平成23

ガラス壜からPET容器化としてガラス壜のイメージを変えず現行の充填設備を有効利用した準耐熱底部減圧吸収容器(PFX)

一滴単位で内容液を吐出できるキャップと鮮度保持の為、外気が入り込まない二重(デラミ)容器の生産開始

2012
平成24
飲料業界初の押出しブローによる耐熱積層遮光ボトルを開発
2013
平成25
世界で初めて内容物の残量が視認できる帯状のウインドウを付加した2軸延伸PETボトルを開発
2014
平成26
押出しブロー容器に減圧変形吸収機能を設け熱充填に対応したボトルを開発
2015
平成27
ワインボトルで初めて底部減圧吸収容器( PFX )を 採用
2016
平成28
特殊な層構成により乾燥剤入ガラス瓶と同等のバリア性と吸湿性能を持つ容器を開発