各成形方法の解説
見たい項目をクリックしてください

インジェクション成形
 成形材料を加熱溶解させて予め閉じられた金型内に射出充填した後、固化又は硬化して成形品とする成形方法です。複雑な形状の製品を大量生産するのに適し、押出成形とともに成形加工の一大分野を成している。

使用材料は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)等。


ダイレクトブロー成形
成形材料を加熱熔融させてチューブ状に押し出し、金型で挟み、内部に空気を吹き込んで中空品を成形する方法。ブロー成形機、ブロー成形用ダイ、ブロー成形用金型で構成されている。

使用材料はポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)等。


2軸延伸ブロー成形
 射出成形法によって得られたプリフォーム(半製品)の胴壁部のみ再加熱し、ブロー用金型内で内部に延伸ロッドを突き出し、高圧空気を吹き込んで中空品を成形する方法。この方法をコールドパリソン法と呼ぶのに対し、直接ブロー成形法を用いたホットパリソン法と呼ばれる方法も一部で行われている。

使用材料はポリエチレン・テレフタレート(PET)、ポリプロピレン(PP)等


チューブ成形
 樹脂を加熱、混練、溶融するための押し出し機と樹脂を所定の筒状形状に強制押し出しするダイスによって構成された成形方法。

使用材料はポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)等。


サーモフォーミング成形
 熱成型法のうち、最も広く行われている方法で、シート状の原反を加熱軟化させ、金型とシートの隙間を真空にしてシートを金型に密着冷却して絞り加工する成形方法。

使用材料は、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)等。